無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

嫌がらせ。①
Ami
遅いんだけど。
あなた
ごめんね!撮影だったから!
Ami
だったら走ってきなよ。あたし先輩なんだけど。
あーーーー。地声怖いよ~笑笑
あなた
だからごめんって。で?用ってなに?
Ami
今すぐあの家出てって
あなた
はい?急には無理なんだけど
Ami
なんであんたが岩さんといるのよ!ふざけないで!
パチンッ!!!
あなた
いったぁ…
Ami
いい加減にして。臣さんにだって、どんな手使って近づいたのよ。
あなた
あんた卑怯な手使いすぎ。
Ami
うるせぇな!!!
ドカッ!!!
あなた
うっ…いってぇ。
あれ?くらくらする。

臣…。助けて…。