無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

俺の姫。 岩ちゃんside
姫、臣くんに着いていっちゃったな。待っててねって言われたけど寂しい。はぁぁぁ。
今市隆二
岩ちゃーん??
岩田剛典
は、は、はい!!!
今市隆二
入るよー
岩田剛典
あ、うん!
今市隆二
どーしたの、そんなてんぱって、
いや、隆二にもいえるはずがない。
どーしよ、どーしよ、
なんかいいわけ。
岩田剛典
え、いや、なんでもないよ!
今市隆二
ほー(¬_¬)
正直に言ってみ?
岩田剛典
…俺の姫なのに、臣くんが…
今市隆二
ふふっ。ちゃーんと、あなたちゃんに気持ち伝えればいいじゃん!そーすれば少しは変わるから。でも、もしあなたちゃんが他の誰かを選んでも岩ちゃんは応援しなきゃダメだよ?
岩田剛典
うんっ。ありがとぉ隆二!
俺頑張ろーっと!!!

臣くんに負けない良い男になってやる!!!