無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,658
2019/08/29

第18話

1週間休みー4ー
今日は最終日。

樹と2人でデートの日!

せやけど、どーやって取りに行こう...。

デートしてる最中に消えたら怪しまれるやんな?

樹(おはよっw)

あなた「おはよっ樹w」

樹(どこ行こっかw)

あそこの店の近くに確か樹の好きな店があったはず!

あなた「樹の好きなブランドの店行きたいw」

樹(俺の?)

あなた「うん!」

樹(いいけど、気に入ったw?)

あなた「可愛いアクセサリー沢山あったからw」

樹(じゃそこ行ってからどっか行こうっかw)

あなた「そうしよっw」

これで一瞬抜け出せる!

『ブランド店』

あなた「やっぱり可愛いw」

樹(あ、これ買いたいかも!)

あなた「ねぇ樹。」

樹(ん?)

あなた「ちょっと御手洗行ってくるから待っててw」

樹(わかったw)

お店が隣でよかった...。

『隣のショップ』

あなた「すいません、取りに来ました!」

店員「お待ちしておりました。こちらになります。」

あなた「ありがとうございました!」

『ブランド店』

あなた「お待たせw」

樹(おかえりw 俺も買い物してたし大丈夫w)

あなた「なんか買ったの?」

樹(新しいネックレス買ったw)

あなた「やっぱり似合ってるねw」

樹(そうw? ありがとうw)

樹(お腹空いたなぁ。何か食べに行く?)

あなた「行く!!」

樹(何、食べようっかw)

あなた「パスタ?」

樹(おっ、いいねw)

あなた「でしょw」

樹(行こっかw)

『昼食後』

樹(久しぶりにあなたと出かけたなぁ。)

樹(仕事場ではいつも一緒なのにな。)

あなた「そうだね!なんか嬉しい!」

樹(俺も嬉しいw)ぎゅっ

あなた「樹!?」

樹(公認だから手繋いだってどうって事ないでしょw)

あなた「そうだねw」ぎゅっ

ファン『樹くんとあなたちゃんですか?』

樹(はい。)

ファン『お似合い過ぎてやばいです!』

樹(ありがとうございますw)

ファン『これからも仲良しでいて下さいw』

樹(もちろん、そのつもりですw これからもRAMPAGEの応援よろしくお願いします!)

ファン『はい!』

あなた「お似合いだってw」

樹(よかったねw)

あなた「嬉しい!あ、公園行きたい!」

樹(公園?行く?)

あなた「行く!」

『公園』

あ...オーダーメイドのネックレス。

樹、ネックレス新調しちゃったやん...。

どうしよ...。

それでも喜んでくれるんかなぁ...。

樹(どうした、あなた?)

あなた「えっ?」

樹(急に黙るからさ...。)

あなた「ごめん、何でもないw」

樹(何かあるなら言えよ?)

あなた「...樹さ、今日ネックレス新調したやん?」

樹(うん、それがどうかした?)

あなた「...。」

樹(あなた?)

あなた「EXPG時代からうちを好きでいてくれてずっとうちを想ってくれて本間に嬉しかった...。」

樹(...あなた。)

あなた「今こうやってうちの彼氏でいてくれてる事もめっちゃ嬉しいし幸せ...。」

あなた「樹、ネックレス新調してもうたから渡していいのか迷っててん...。」

樹(ネックレスを?)

あなた「これオーダーメイドで作ってもらってん。樹の誕生日石とうちの誕生日石を組み合わせて樹に合うように作ってもろた...。」

樹(...。)ぎゅっ

樹(ありがとう。お礼を言わなきゃいけないのは俺の方...。)

樹(EXPG時代にあなたに助けてもらったのは、俺なんだよ。再会出来ただけでも奇跡なんだって、俺達... 。)

樹(彼女になってくれてこうやってずっと傍にいてくれるだけで幸せなんだよ、俺。)

あなた「でも樹には感謝してるの...。だからどうしても渡したかってん。」

樹(絶対に付けるよ、俺。)

樹(毎日付ける。あなた...ありがとう。)

あなた「でもせっかくネックレス新調したのに...もったいないやん...。」

樹(関係ないよ。俺は、あなたにもらったネックレスの方が何倍も何百倍も嬉しい。)

樹(本当に彼女になってくれて傍にいてくれてありがとう。これからもずっと一緒にいてよ。)

あなた「はい...(泣)」

藤原樹です。

こんなにも俺の事を想っててくれてたんだ。

だから今日は2人で過ごしたいって...。

俺...あなたなしでは生きていけない。

こんなに心から愛した人に出会ったの初めてかもしれない。

絶対、離したくない人。

絶対、幸せにするって誓うから...。

だからずっと俺の傍にいて...。