無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

調理実習
えぇ、今日は松島聡さんにナレーションを
してもらいます
「どうも、キラキラアイドル松島聡です」
・・・・・・
では物語START
「え、スルーしないでよ」
ではSTART
「ねぇー」
START
「ハァ…」
START!!
【ナレーション】
今日は調理実習でクレープを作る

もちろんあなたとケンティーは同じ班だ

なぜならこの2人は学校中に知られている数少ない
カップルだからだ
あなたとケンティーはフルーツを切る係だ
テレレッテッテーテレレッテッテーテレレッテッテッテーテテテテレテレテ
おっと調理実習が始まったようだ
あなた

ケンティー包丁怖いよ〜

ケンティー
大丈夫だよ
ケンティー
俺のあなたを
傷つけさせるわけ無いだろ
あなた

やだケンティーったら

あなた

でもケンティーがいるし頑張ろうかな

そうしてあなたはなれない手つきで
フルーツを切っていく
ケンティー
下手だなあなたは
ケンティー
俺が教えてやるよ
そう言ってケンティーは後ろに回って
あなたの手に手を重ね
トントントントンヒノノニトンと
フルーツを切っていった
あなた

ケンティーって本当に
料理上手だよね

ケンティー
そんなことないよ
あなた

クレープの生地焼く人
今日休みだった私がやらなきゃ

卵を入れて牛乳入れて粉を入れて混ぜまぜ
鉄板の火をつけて ジュー・・・
あなた

完成だ!

あなた

じゃあいただきマース

ケンティー
いただきマース
あなた

ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”

ケンティー
(´▽`) '` '` '`あなた
口に生クリーム付いてる
あなた

え〜ドコドコ?

ケンティー
俺が取ってやるよ
ケンティー
chu
ケンティー
美味い
あなた

ちょっとここ学校//

ケンティー
ねぇあなた
あなた

ん?

ケンティー
あれだけじゃ足りないから
家に帰ったら食べさせてね?
ケンティー
あなたを
((耳元で
あなた

////

ケンティー
ハハ
顔真っ赤じゃん
あなた

う、うるさい//

oƒ *:..。ENDoƒ *:..。oƒ 
「ちょっと待って」
はい?
「今日のナレーション少なくない?」
「後今日の小説何か雑じゃない?」
うるせぇ
こっちもこっちで色々あんだよ
「え、あ、すみません」
(僕一応アイドルなのにな)
あ、失礼しました
昨日小説あげようとしたら寝落ちしちゃったんで言うの?書くの?遅れました
マリウス君♔ⓗⓐⓟⓟⓨ✧ⓑⓘⓡⓣⓗⓓⓐⓨ♔
あ、終わります