無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,937
2020/05/09

第4話

0-1
リムルside
シエルさん
警告、西に30キロ北に4キロの位置に、巨大反応を確認。…付近の生体反応が消失しました。
シエルさん
国が滅びたようです。
おいおいシエルさんが爆弾発言を落としやがった
シエルさん
っ!謎の生命体の魔素が急激に上がりました!
シエルさん
はい。
主〜
主〜
びゅ〜ん
主〜
主〜
着いたよ〜
主〜
主〜
〜〜本編〜〜〜〜〜
貴方
〜〜〜〜〜〜
貴方
〜〜〜〜〜
ばっこ〜ん
ギィ・クリムゾン
よお!
なんかスゲェことになってんな!ん?お前悪魔か?
貴方
〜〜〜〜〜ブツブツ
ギィ・クリムゾン
知るか!
お前悪魔だろそれに紫の派閥じゃねえか!
貴方
〜〜〜〜ブツブツ
貴方
〜〜〜〜ブツブツ
ギィ・クリムゾン
テメェ、こっち向けよ!
貴方
ひっ、だ、誰ですか?
貴方
わ、私は、名もない悪魔です。
名前が、ない?こんなに強いのに?
ギィ・クリムゾン
なっ名前がないくせになんでそんなに強いんだよ!
ギィも同じように思ったようでそう言っていたすると女の子が突然
貴方
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
とごめんなさいを何回も言っていた。流石に異常なので
そう聞いてみた。すると女の子は、不思議そうに、
貴方
うん?殴らないの?
と、聞いてきた
と返したら、
貴方
そう。
と一声
貴方
あの______________________
そう言われて一瞬思考が止まった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
主〜
主〜
さぁ〜、あなたさんは、何て、言ったのでしょう。わかる〜?
主〜
主〜
毎日更新する、とか言っていたけど無理だった!
主〜
主〜
な・の・で3日に一回更新出来たらな、と思ったのでそうします。
主〜
主〜
そして、ギィさんの存在忘れてたという・・・バレなきゃ問題なi
ギィ・クリムゾン
おぉそうかそうか忘れてたのか。
主〜
主〜
ぐぎぎきごめんなさ〜い(逃走)
ギィ・クリムゾン
おい!まてや!
唯一の友達(ユキノ)
え〜主に代わって私が言います!
では、バイバ〜イ!
主〜
主〜
ギィ〜ヤ〜