無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,359
2020/08/09

第9話

1-5
リムル・テンペスト
んじゃあ誰に案内させるか
貴方
え?どうゆうことですか?
リムル・テンペスト
ん、ああこれから暮らしてもらう部屋だよ
貴方
なるほど
リムル・テンペスト
(シオンは駄目か、ベニマルは忙しい、ディアブロは適当にしちゃうから、やっぱシュナか?あれ?そういえば、なんかシエルさんがウルティマの配下だとか言ってたよな?)
リムル・テンペスト
よし!シュナー!ちょっとこっちきてくれ
シュナ
リムル様お呼びですか?
リムル・テンペスト
あぁちょっとこいつを案内してくれ
シュナ
ええと?
リムル・テンペスト
あ、そういえば紹介してなっかったね
リムル・テンペスト
こいつはあなた・ナビィア悪魔族デーモンらしいぞそれに生まれたばかりだそうだ
リムル・テンペスト
それとこいつはこれからここで暮らすから部屋に案内して欲しいんだ
シュナ
あ、リムル様ウルティマさんに言ったほうがいいんでしょうか?
リムル・テンペスト
あ、言ったほうがいいと思うよ案内し終わったら合わせてみたら?
シュナ
そうですねではあなたさん行きましょう
貴方
はい
〜〜〜
シュナ
こちらがこれからあなたさんが暮らす場所です。なにかわからないことがあれば気軽に言って下さいね。
貴方
ありがとうございます
シュナ
ではウルティマさんにさのところに行きましょうか
貴方
えっとウルティマさんって?
シュナ
あら?悪魔族デーモンには派閥があるんですよ。それのあなたさんはビィオレの派閥なんです。ですからそれの頂点である原初と呼ばれる悪魔の王に会うんですよ
貴方
な、なるほど
シュナ
こちらです。
コンコン
シュナ
ウルティマさん入っても宜しいですか?
ウルティマ
あ、シュナさん?いいよー
シュナ
失礼します。
ウルティマ
えっとどうしたの?
シュナ
リムル様に新しく配下に加わった方が悪魔族デーモンだったそうで
ウルティマ
あ、なるほどその子がボクの配下の子ってこと?
シュナ
その通りです。
ウルティマ
あ、そ
ウルティマ
んで名前は?
貴方
あ、はい!あなた・ナビィアと申します!
ウルティマ
そ、よろしく
貴方
はい!
シュナ
ではこの国について少々お話をしますね
貴方
よ、よろしくお願いします
シュナ
ウルティマさんさよなら
ウルティマ
うんまたねー
ガチャ
〜〜〜
シュナ
ではこの国についてです。
〜〜〜〜〜
主〜
主〜
うい!終わった!いやぁね2日連続で出した僕凄いと思うの
主〜
主〜
鬼滅トリップのほうが思い付かないのよねどうしよう
主〜
主〜
てかここでする内容じゃないんだけどさ
主〜
主〜
ま、じゃあねばいばーい((ヾ(˙ ˘ ˙。)フリフリ