無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

1-6
〜〜〜
貴方
ありがとうこざいました
ガチャ
貴方
(想像以上に凄い国だった、私はどんな仕事をするのかな?)
テクテクテク
ガチャ
ボフッ
貴方
明日は仕事が決まる日どんな仕事になるんだろ
唯一の友達(ユキノ)
どんな仕事でも大丈夫じゃない?
貴方
そうだよね
唯一の友達(ユキノ)
うん
〜次の日〜
トントン
シュナ
おはようございます。リムル様がお呼びです
貴方
はい
テクテクテク
貴方
(緊張する)
ガチャ
シュナ
失礼しますあなたさんをお連れしました
リムル・テンペスト
ああご苦労だったな
シュナ
では
ガチャ
リムル・テンペスト
さて今日はどんな仕事に就きたいか聞きたい
貴方
あ、その私はなんでもいいです。
リムル・テンペスト
あ、そう?じゃあ特技はなに?
貴方
特技ですか?特技というか趣味というか料理が得意でしたね
リムル・テンペスト
あ、じゃあゴブイチくんのとこに行って料理人として働いてくれる?
貴方
はい、わかりました!
リムル・テンペスト
じゃあ、ゴブイチくんのとこに行こっか
〜〜〜
リムル・テンペスト
ゴブイチくーん
ゴブイチ
リムル様どうしたんですか?
リムル・テンペスト
この子を雇ってくれ
ゴブイチ
ま、まあいいですよ
ゴブイチ
料理は出来るんですか?
貴方
はい、料理は好きでしたので
ゴブイチ
そうかならやってみて
貴方
は、はい
貴方
(カレーでいいよね?)
〜〜〜
ゴブイチ
う、美味い合格だ
貴方
ありがとうこざいます
リムル・テンペスト
よかったな!
ゴブイチ
これからよろしくな
貴方
はい!よろしくお願いします
〜〜〜
主〜
主〜
今回なんかいつもより短ぇな
主〜
主〜
まぁいいや
主〜
主〜
ではではさよなら〜