無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

episode8
それから数ヶ月が過ぎ、林間合宿襲撃決行日。

ト「じゃあ弔君、あなたちゃん行ってきます!」


『行ってらっしゃい。気を付けてねヒミコちゃん』


死「行ってこい。」


私は死柄木さんが「お前は残れ」と言ったので残ってます。


どうかみんなに神の御加護がありますように。


マスタード君......。


[回想]


マ「そろそろ時間だねシロちゃんは来るの?」


『ううん。行かないよ。死柄木さんにそう言われたから』


マ「そうなんだ。もしかしたらこれっきり会えないかもね」


『そ、そんなことないよ!!マスタード君はきっと戻ってこれる』


マ「そうかな....こんなときに言うのはおかしいけど」


『どうしたの?』


マ「シロちゃん。僕はココに来たときから君が好きだった。」


『え』


マ「はは、真っ赤」


『マスタード君だって真っ赤じゃん』


マ「だ、だって告白だよ?恥ずかしくて赤くなるよ....//」


何故だか爆豪君を思い出す。
爆豪君に大好きって言ったとき真っ赤だったなぁ......。


『あれ....何で......』


マ「シロちゃん!?何で泣くの」


『ごめんねマスタード君』


マ「ううん。バクゴウに僕が敵わないことくらい分かってたよ。でも多分君のこと好きな気持ちは変わらないから」


『ぅ....ありがとう.....マスタード君....』


マ「僕の名前、××××だよ。覚えててねあなたちゃん。」



『え、何で知ってるの?』


マ「死柄木さんが言ってた。正直もう会えないと思う。」


『マスタード君、これ持ってって』


私は死柄木さんに護身用に持たされた拳銃を渡した。


マ「ありがとうあなたちゃん。じゃあもう行かなくちゃ」


『さようならマスタード君、またきっと会えるから!』


彼はニコッと笑った。
いや、そう見えた。

ガスマスクで見えなかったけど確かに笑顔だった。



・*・*・*・*・*



どれくらい時間が経ったのだろうか。
死柄木さんと交互にやっていたトランプタワーも完成した。(あ、某大統領のタワーじゃないですよ)


死「マスタードが心配か」


『え、ええ。他の人もみんな心配です。』


死「お前って何かとこっち側(敵側)じゃないよな。
ヒーローみたい。」


『そうですか?......それって褒めてるんですか?』


死「まぁな。なぁ......」


死柄木さんが何かをいいかけたときに黒霧さん達が戻ってきた。
爆豪君を連れて。


『爆豪、君......』


爆「あなた.....。」


『荼毘さんマスタード君、は?』


荼「ここに居る奴以外はやられた」


『そんな......』


ト「あなたちゃんはマスタード君のこと好きだったんですか?」


『友達として大好きだった。でもそれ以上に好きな人は居るよ』



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

**えいか。🐧❄️
**えいか。🐧❄️
更新Level.0 (🐢) ** えいか。と申します!! 皆様に寛いで貰えるような そんな一時を提供出来たら幸いです。 *ファンマ...🐧❄️ 《love》 僕のヒーローアカデミア ハイキュー!! 鬼滅の刃 HUNTER×HUNTER ○○の主役は我々だ やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 涼宮ハルヒの憂鬱/消失 氷菓 この素晴らしい世界に祝福を! かぐや様は告らせたい 五等分の花嫁 ↑上記のもののリクエストは受けれます。 《like》 ➳ℳ♥ 様 みでぃ🍊 様 MIRAN(ФωФ) 様 塩キャラメル 様 kotone🍋✨  様 さくらどろっぷ 様 なゆ。 様 にゃ 様 レーヴォチカ 様 SKY 様 ゆめ 様 🌷 ** 塩キャラメル ちゃん いつもありがとう 感謝でいっぱいです。 《重要?》 受験勉強の合間に更新するもの ・天敵 ・訳あり 気が向いたら他のも更新するかもです。 こんなダメな作者ですが これからもよろしくお願いしますm(__)m 🔼close🔼
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る