プリ小説

第24話

episode8
それから数ヶ月が過ぎ、林間合宿襲撃決行日。

ト「じゃあ弔君、あなたちゃん行ってきます!」


『行ってらっしゃい。気を付けてねヒミコちゃん』


死「行ってこい。」


私は死柄木さんが「お前は残れ」と言ったので残ってます。


どうかみんなに神の御加護がありますように。


マスタード君......。


[回想]


マ「そろそろ時間だねシロちゃんは来るの?」


『ううん。行かないよ。死柄木さんにそう言われたから』


マ「そうなんだ。もしかしたらこれっきり会えないかもね」


『そ、そんなことないよ!!マスタード君はきっと戻ってこれる』


マ「そうかな....こんなときに言うのはおかしいけど」


『どうしたの?』


マ「シロちゃん。僕はココに来たときから君が好きだった。」


『え』


マ「はは、真っ赤」


『マスタード君だって真っ赤じゃん』


マ「だ、だって告白だよ?恥ずかしくて赤くなるよ....//」


何故だか爆豪君を思い出す。
爆豪君に大好きって言ったとき真っ赤だったなぁ......。


『あれ....何で......』


マ「シロちゃん!?何で泣くの」


『ごめんねマスタード君』


マ「ううん。バクゴウに僕が敵わないことくらい分かってたよ。でも多分君のこと好きな気持ちは変わらないから」


『ぅ....ありがとう.....マスタード君....』


マ「僕の名前、××××だよ。覚えててねあなたちゃん。」



『え、何で知ってるの?』


マ「死柄木さんが言ってた。正直もう会えないと思う。」


『マスタード君、これ持ってって』


私は死柄木さんに護身用に持たされた拳銃を渡した。


マ「ありがとうあなたちゃん。じゃあもう行かなくちゃ」


『さようならマスタード君、またきっと会えるから!』


彼はニコッと笑った。
いや、そう見えた。

ガスマスクで見えなかったけど確かに笑顔だった。



・*・*・*・*・*



どれくらい時間が経ったのだろうか。
死柄木さんと交互にやっていたトランプタワーも完成した。(あ、某大統領のタワーじゃないですよ)


死「マスタードが心配か」


『え、ええ。他の人もみんな心配です。』


死「お前って何かとこっち側(敵側)じゃないよな。
ヒーローみたい。」


『そうですか?......それって褒めてるんですか?』


死「まぁな。なぁ......」


死柄木さんが何かをいいかけたときに黒霧さん達が戻ってきた。
爆豪君を連れて。


『爆豪、君......』


爆「あなた.....。」


『荼毘さんマスタード君、は?』


荼「ここに居る奴以外はやられた」


『そんな......』


ト「あなたちゃんはマスタード君のこと好きだったんですか?」


『友達として大好きだった。でもそれ以上に好きな人は居るよ』



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

映花。
映花。
よろしくお願いします! 新作甘~い日常を【ヒロアカ短編集】をよろしくお願いします!!そして、現在リクエスト募集中です。 詳しくは作品topで 掛け持ちが多いので更新遅くなることもあると思います。出来るだけ早く更新出来るよう努力します。 文才、語彙力は皆無に近いです。