プリ小説

第23話

episode7
『ヒミコちゃん、ヒミコちゃんはどうして敵連合に入ったの?』


ト「私ですか!?私はステ様になりたい、殺したいから!」


『へ、へぇ......』

なんか私が踏み込んでいい領域じゃなかったかも......。


ト「あなたちゃんはどうなんですか!?」


『私?私は親が入れって言ったから......。』


ト「そうなんだ~。あ、私はもうひとつ理由があるんですあなたちゃん!世の中住みにくいから住みやすくして貰いたい!だから入りました。」


『住みにくいから......。か』


何故だか私も共感できた。
爆豪君に助けてもらえなかったら今頃死んでたかもな。

あはは....って笑い事じゃないか
爆豪君って私のことまだ好きかな?


ト「あなたちゃん大丈夫ですか?なんかニヤニヤしてますよ」


『えっ!そう?....あはは恥ずかしいななんか///』


ト「もしかして恋ばなですか!?私恋ばな好きですよだって乙女ですもん!」


『じゃあ恋ばなする?』


ト「はい!喜んで」


その後トガちゃんとずっと恋ばなをしていました。

ト「へーあなたちゃんはバクゴウ君が好きなんですか!」


『ちょっとヒミコちゃん声大きい!』


ト「ごめんなさい!」


『ヒミコちゃんは?』


ト「私はステ様みたいに血が似合う人が好きです。だからステ様ですかね」


[部屋の外]


荼「おい死柄木、バクゴウって誰だよ」


死「あ“?知らねぇ。逆に聞きたいわ!!先生誰ですかバクゴウって!」


オ「バクゴウは弔、体育祭優勝したあの子だよ」


死「あぁ。あのガキか。」


荼「勧誘するならソイツでいいんじゃないか?」


死「あなたが喜ぶならそうする」


荼「いや決め方おかしいだろ......どう意見だが」


という会話が広げられていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

映花。
映花。
よろしくお願いします! 新作甘~い日常を【ヒロアカ短編集】をよろしくお願いします!!そして、現在リクエスト募集中です。 詳しくは作品topで 掛け持ちが多いので更新遅くなることもあると思います。出来るだけ早く更新出来るよう努力します。 文才、語彙力は皆無に近いです。