プリ小説

第10話

story 9


?「おい、てメェら。俺の女に手ぇ出してんじゃねぇよ
誰の許可とってやってんだァア“??」



『爆豪、君......』




やっぱり貴方は私の”ヒーロー”




浦木理「何で爆豪が!」




小晴「ば、爆豪君!これはあなたがして欲しいって」




爆「泣いてるやつがそんなこと言ったようには見えねぇけどなぁ」




『爆豪君助けて......』




爆「言われなくとも助けるわバカ」




あっという間に二人を倒した爆豪君。



二人は今までしたことの謝罪をさせてほしいとひたすら謝ってきた。



実は二人の個性......
浦木理の個性で私を虐めるようにしてたらしい。



土下座を繰り返してる浦木理。


でもね私はそんなことは望んでない。





して欲しいことは、これからこんなことしないでほしい。




それだけ。




それから爆豪君が協力してくれて、みんなにかかった個性を解けた。



ごめんねみんな気づいてあげれなくて。



───




──











『爆豪君?』



爆「ァア?」




『結衣から聞いたよ....あの日私のこと必死に探してたんだって?』



爆「は、はぁ!?んなわけねぇだろ!死ね!」



『えぇ......』




爆「....」




『でも凄く嬉しかった』




爆「は」




『だって、そんなに心配してくれる人がいるなんて思ってなかった。ありがとう爆豪君、あのお礼がしたいんだけど欲しいものとか無い?』




爆「そんな質問はずりぃよあなた」




『あ、出来ればすぐ手にはいるもので......』




そういった瞬間に爆豪君に引っ張られた




爆「俺はお前が欲しい」




『ほぇ....爆豪君!?、あのその....』




爆「お前が嫌ならいい」




『そのあの.....今はよく分からないの』




爆「ブサイクな面しやがって」




『元々だけど、傷つけられて更にヤバくなっちゃったからね....』




爆「もう少し自分に自信もったらどうだ?」





『いやいや!?ブスが自信もったら自意識過剰なブスだよ!?』





爆「はっ....なぁあなたは高校どこ行くんだ」





『高校は山野高校に行こうかと......』





爆「雄英入れよ」




『無理無理!雄英だなんて......』




爆「はぁ....拒否権なしな」




『ぬぇ!?』




爆「何科にすんだ?......ヒーローだよな」




『勝手に決めないで』





爆「ヒーローだよな?」





『......普通科で』





爆「......ヒーロー科編入待ってる。
あと俺の女になるんだから他の男の物になるなよ」





『爆豪君、それは拒否権ありで』





爆「改めて、好きだからなあなた」





そういう彼の顔はとてもかっこ良かった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

映花。
映花。
よろしくお願いします! 新作甘~い日常を【ヒロアカ短編集】をよろしくお願いします!!そして、現在リクエスト募集中です。 詳しくは作品topで 掛け持ちが多いので更新遅くなることもあると思います。出来るだけ早く更新出来るよう努力します。 文才、語彙力は皆無に近いです。