無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
102
2021/04/04

第6話

第3話
荷物をまとめ終わったあなた
あなたの祖母
駅前で待ち合わせだからね。じゃあ、行ってらっしゃい。あなた。
五条あなた
ありがとう。おばあちゃん!また遊びにくるからね!
あなたの祖母
ああ。気をつけてな。
五条あなた
うん!ありがとう。じゃあね!
あなたは祖母の家を後にした。


駅の前に着いたあなた。
五条あなた
(お兄ちゃん達どこだ?てか、顔イケメンだといいんだけどな…)
???
もしかして君が私達の妹かい?
五条あなた
…!?はい。多分そうだと思いますが…
五条傑
私は五条傑。君の兄だよ。
五条あなた
(五条…!?ほんとにお兄ちゃんがいたんだ…)
???
あ?こいつが妹か?
五条あなた
(は…?もう一人の奴感じ悪っ)
五条傑
ごめんね。こいつはこんな感じだから
五条悟
てか、お前白髪なの?ババアみたいじゃんw
五条あなた
あ?この白髪は生まれつきだよ。てか、お前の髪も白髪だろ。私がババアならお前はジジイだよ。
五条悟
何。こいつ口悪〜い。こんなのが妹とかほんと嫌だわ〜。
五条あなた
それはこっちのセリフだっつーの。
五条傑
まぁまぁ…。初めて会ったんだから喧嘩しないの。今の喧嘩の内容小学生以下だよ?w w
五条あなた
(やっぱりおばあちゃんの提案には便乗するんじゃなかった…)
最悪な生活が始まりそうな予感です…