無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🍀
○○
○○
私はずっとジミンのことが好きなの!
だから、ジミンは渡せない。
ボス
ボス
……だと思った。
ボス
ボス
まぁ〜いいか。
……お願いがあるんだけどさぁ?
○○
○○
何……?
ボス
ボス
ジミンさんを私にちょうだ〜い?
○○
○○
えっ?さっきの話聞いてた?
ボス
ボス
聞いてたよ〜?
あれっ?私の言うこと聞けないの〜?
○○
○○
えっと……それは……
(頭おかしいぞこいつ。)



こうやって脅してくるボス。


何が面白いんだか?



ボス
ボス
あんたさえ、消えれば早いんだけどなぁ〜
○○
○○
……あんたも消えればいいのよ。
ボスさえ居なければ、私たちのクラスだって平和なのに。


……バカっ!私何言ってんの!!



ボス
ボス
言ったわね。ふざけんなっ!


私に殴りかかるボス。


そして、振り上げられた拳は私にまっすぐ飛んできた。


○○
○○
痛っ……このクソ野郎が!


私もボスを殴る。


私とボスは、無我夢中で殴りあっていた。


すると、誰かが教室に入ってきた。


それはジミンだった。


……来ること、完全に忘れてた。

ジミン
ジミン
間に合わなかったか……



NEXT