無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

🍀


それから、数十分後……



やっと、泣き止んだジミン。


ジミン
ジミン
ごめん。俺泣いちゃったㅋㅋ
○○
○○
いいよ。無理しちゃダメだよ。
ジミン
ジミン
うん。



……ふたりは目を合わせ、



ジミンは私を後ろにゆっくり倒した。



○○
○○
ジミン、まだ……
ジミン
ジミン
今日は、たくさんさせてよ。
○○
○○
キスだけね。
ジミン
ジミン
……俺次第。


何回もキスをして、少し体が火照ってきた。


○○
○○
熱い……
ジミン
ジミン
……もう、動かないで。


ジミンは、まだ続ける。


ジミンは、1回止まった。



○○
○○
どうしたの?
ジミン
ジミン
……明日から、父さんと母さん出張なんだ。海外に行くんだって。
○○
○○
へぇー。
ジミン
ジミン
……続きは、明日ということで?
○○
○○
明日も?えー?
ジミン
ジミン
嫌なの?
○○
○○
嫌ではないけど……



明日は、土曜日。



休みだ。




ジミンと私は、帰宅部を極めた人なので部活など関係ない。


まさか、朝から……






ジミン
ジミン
さっ、寝ようー。
ジミン
ジミン
○○、汗だくだよ?
○○
○○
あっ、ちょっと熱くて。
着替えてもいい?
ジミン
ジミン
うん。俺、部屋から出ようか?
○○
○○
うん。ごめん。
ジミン
ジミン
着替えたら呼んでー。



その後は、ジミンと一緒に布団の中で寝るのだった。




NEXT