無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🍀
ジミン
ジミン
うわ〜屋上寒っ!
○○
○○
寒い!
屋上やめる?
ジミン
ジミン
いや、やっと2人きりになれたから!
我慢する!
○○
○○
風邪引いても知らないよ?
ジミン
ジミン
そういえば○○、足寒くない?
スカートって寒くない?
○○
○○
あー、あまり?



ジミンにしては気遣いが出来てるじゃん。




……なんか嬉しいな。



ジミン
ジミン
さっ、食べよー!


2人で黙々と食べる。


おばさんが作る弁当は最高!


いつもの癖で、口の中に詰め込む。


そして、やっぱり、こうなる。

○○
○○
ウッ、ゲホッゴホッ……
ジミン
ジミン
どうした?!
○○
○○
喉にっ……ゲホッゴホッ
ジミン
ジミン
ちょっと……はいお茶!
○○
○○
ありが……ゲホッゴホッ
ジミン
ジミン
もうー、ゆっくり食べなよ?

私の背中をさすってくれるジミン。


○○
○○
うぅ……
ジミン
ジミン
大丈夫?ㅋㅋ
○○
○○
うん。ごめんね。
ジミン
ジミン
ううん、謝らなくていいのに。


すると、ジミンは、私を見つめ……


私に近づき……


キスした。


○○
○○
っ……/////
ここ、学校!
ジミン
ジミン
ごめんごめん。
だって、○○が可愛いからー!


ピンポーンパンポーン
「○○さんは、今すぐ職員室へ……」


○○
○○
えっ?私?
ジミン
ジミン
早く行っておいで!
弁当箱は俺が持って行くから!
○○
○○
ありがとう!



NEXT