無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

🍀


次の日……




ジョングク
ジョングク
(お姉ちゃん!起きて!)


……もう朝???




○○
○○
今何時……?
ジョングク
ジョングク
10時になるよ。
ほら、早く起きて行くよ!
○○
○○
……そっか……わかった……




わたしは、急いで準備をする。






頭が痛い。





体もだるい。






でも、そんなことを気にしている余裕はない。






早く、解決しなきゃ。







でも……頭が……







○○
○○
うぅ……
ジョングク
ジョングク
どうした??
頭痛いの?
○○
○○
ちょっとだけね……でも、もう大丈夫。
よし、行くよ!



2人はジミンの元へ向かった。






ジミンは、警察署で話を受けていたらしい。






警察署の前で、待つ。







数十分後……ジミンがでてきた。







私は、思わず走り出していた。





○○
○○
ジミンっ!ごめんね、ごめんね。
ジミン
ジミン
どうしたの?ちょっと、ここ恥ずかしいからㅋㅋ



ジミンの温もりが伝わってきて……





私は足の力が抜け、その場に倒れた、





ジミン
ジミン
○○?!大丈夫?!
○○
○○
……頭が痛い……
ジョングク
ジョングク
お姉ちゃん!とりあえず、帰ろっ!
○○
○○
……うん……



こんな時に風邪引くなんて、バカだ。





NEXT