無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

🍀



……体中が痛い。



目を開けると、見慣れない天井、部屋、機械、点滴……



○○
○○
……病院?
ジミン
ジミン
○○?わかる?ジミンだよ!
○○
○○
うん、わかるけど…… 
あっ、私階段から落ちたんだっけ?
ジミン
ジミン
正確には落とされただけどね。


落とされた……



ジミン
ジミン
○○……1週間も寝てたんだよ?
心配したじゃん。
○○
○○
……ごめんね。
あ、、動けないㅋㅋ
ジミン
ジミン
無理しないで。
先生、呼んでくるね?



そして、先生が来た。


先生は、良かった良かったって連呼している。


そして、来週ぐらいからリハビリだって。



先生は、出ていった。



○○
○○
リハビリ……嫌だな……。
ジミン
ジミン
大丈夫だよ、俺毎日来るからさ?
○○
○○
もしかして……毎日来てるの?
ジミン
ジミン
そうだけど?
あ、たまにキスしたㅋㅋ
○○
○○
……もう/////
ジミン
ジミン
今していい?


1週間も待たせたんだ。


特別に……


○○
○○
いいよ。
ジミン
ジミン
さすが、○○。


そして、ちょっと長いキスをした。






そのあとは、ジンさんもおばさんも、私の親も病院に来た。


ジンさんからも、良かった良かったと泣きながら連呼。


おばさんは、そんなジンさんを支えてるㅋㅋ



……私の親とは、何も話さなかった。


でも、手紙を置いてジンさん達と帰って行った。


NEXT