無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🍀


ジミンに早く報告したくて、病室をウロウロ……



ソワソワする〜!


すると、バタバタバタと誰かが走ってくる。



ジミン
ジミン
やっほー!
○○
○○
ジミン!
ジミン
ジミン
○○〜何だか嬉しそうだねー?
○○
○○
……退院出来るって!
明日、帰れるよ!
ジミン
ジミン
えぇ!ほんと?!
やったー!


ジミンは私にハグした。


いつもより強かった。


○○
○○
ジミンちょっと苦しいㅋㅋ
ジミン
ジミン
ごめんごめんㅎㅎ



……ジミンの笑顔は、私まで笑顔にしちゃうようなキラキラした笑顔。



ジミン
ジミン
なになに?見つめちゃって?
あっ、惚れた?♡
○○
○○
なわけないでしょ/////
ジミン
ジミン
照れてる〜!
可愛いっ!
○○
○○
可愛くないってば!
ジミン
ジミン
んーもう、頑固なんだから。
○○
○○
頑固じゃない!
ジミン
ジミン
そうだ、明日、迎えに来るね?
○○
○○
いいよ。大丈夫だよ。
ジミン
ジミン
いやいや、ダメダメ。
父さんが迎えに来てくれるからさ?
○○
○○
大丈夫だよ?
気にしないで。
ジミン
ジミン
俺を頼ってよ!
もう、お仕置しちゃうぞ?


……お仕置しちゃうぞ?



それはまさか……


○○
○○
お断り。
ジミン
ジミン
えぇ……まっ、高校卒業したらたくさんシようかなㅋㅋ
○○
○○
……もう、バカなんだから。
ジミン
ジミン
バカですけど?
○○
○○
んー、なんか腹立つ。



でも、そんなジミンが好きなんです。




NEXT