無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

🍀


それから、1ヶ月後……





あれからお父さんの葬式を終えた。







そして私は、家に引きこもるようになった。








ジョングク
ジョングク
お姉ちゃん……。
ご飯、食べる?
○○
○○
ううん……いらない。






……お母さんもこんな感じで、グクは少し忙しそうにしていた。









だから、私は……










○○
○○
グク……私、ジミンのとこに行ってもいいかな。。
ジョングク
ジョングク
……行ってもいいよ、
もし、元気になったら次は俺が息抜きさせてもらうからね??
○○
○○
うんっ!
……ありがとう。






そして、私はまたジミンの家へ向かい、泊めてもらうことにした。










NEXT