無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

🍀
ジミンside
ジミン
ジミン
勝手に、決めんじゃねぇよ。
俺のお嫁さんは、○○だ。
ボス
ボス
……私は諦めないわよ。
ジミン
ジミン
諦めろ。
ウザイんだよ。




俺は、急いで逃げようとした。



でも、ボスは、俺の腕を掴んだ。




ジミン
ジミン
おい離せよ。
触んじゃねぇ。
ボス
ボス
なんて口が悪いの?
私が直してあげるㅋㅋ




そう言うと、ボスは俺の唇にキスした。






……○○とは違って、すごく気持ち悪い。




ジミン
ジミン
やめろ!
ふざけんなよ。まじで!
ボス
ボス
もっとしなきゃ??
うふふ……ジミンさん?
逃げられないわよ?ㅋㅋ





俺はどうにかして逃げようとした。





でも、ボスは俺から離れない。





唇も離してくれない。





俺と、ボスは、バランスが崩れ、倒れた。






ボスの上に、俺が覆い被さった。






ボス
ボス
ジミンさん……まだ早いわよㅋㅋ





ボスは、服を脱ぎ始めた。






NEXT