無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

🍀


電話した結果……







2人ともOKだった。







○○
○○
ジンさん!
お母さんもグクもOKだそうですっ!
ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
そうか!なら、早く準備をしなきゃ!






それから、数十分後……








お母さんはグクに支えられながら来た。








ジョングク
ジョングク
お邪魔します……
ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
お久しぶりです。
どうぞ、中に。
ジミンのお母さん
ジミンのお母さん
あらっ、まぁ痩せちゃって……。
ほら、中に入って。







そして、久しぶりにご飯をみんなで食べた。








1人、、、少ないけど。








楽しかった。








○○
○○
お母さん、、楽しいね。




お母さん
「うん……ジンさんありがとうございます。元気が出ました。」





ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
いえいえ……なにかあったらいつでも相談とかしてくださいね。




すると、、私のお母さんは涙を流し、







お母さん
「ありがとうございますっ。」






だんだん、お母さんもグクも、笑顔になった。







○○
○○
良かった……
ジミン
ジミン
そうだな……






NEXT