無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

🍀

……ジミンの横にそっと寝てみる。



○○
○○
はぁ……可愛い。


心の声が漏れる。


ジミンの彼女になって思ったこと。
①ジミンの寝顔が見れる。
②抱きしめてくれる。
③優しい。
まだまだある……


なんで、今まで否定してたんだろう。


こんなにいい人なのに。


……私が気付こうとしなかったからだよね。


○○
○○
ごめんね。


頭を撫でる。


サラッサラの髪の毛からシャンプーの匂いがする。


ジミンの腕を伸ばして、私はジミンの腕に頭を乗せた。


いわゆる、腕枕っていうやつ?



……程よい筋肉が……ちょうどいい……





すると、ジミンは私の方に寝返りを打った。





……抱き枕にされてる?!


○○
○○
……え。
ジミン
ジミン
ンン?……なんで○○が?!
○○
○○
そっそれはっ!
ご、ごめん!
ジミン
ジミン
……別にいいよㅋㅋ
なんだよ〜腕枕なんて言ってくれたらしてあげるのに?
○○
○○
べ、別に、して欲しくないもん。
んー、もう離して!
ジミン
ジミン
やだね〜。


嬉しいのに、、、嬉しいのに、、、

素直になれない自分が、嫌いだ!




NEXT