無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🍀
みぃ
みぃ
え?(告白ですかっ?!)
ボス
ボス
そんなこと知ってるわよ!
んじゃ、放課後会いましょうね、、ㅋㅋ


やっと出ていった。


ジミン
ジミン
○○、睨むなんて……ㅋㅋ
○○
○○
いや、私、目が悪いから?
ね、ねぇ?
みぃ
みぃ
やっぱり、ふたり出来てるでしょ?!
○○
○○
だからー!
ジミン
ジミン
今日の夜、返事貰うんだ!
OK出してもらったら、みぃに教えるね!
みぃ
みぃ
よっしゃー!
ありがとう!


全く、ジミンったら……



それで、授業が始まり、いつの間にかお昼になっていた。


それでまたボケーッと授業を受けて、放課後になった……

○○
○○
……ねぇ、ジミン?
ジミン
ジミン
どした?
○○
○○
私、大丈夫かな……
ジミン
ジミン
大丈夫だって。俺がいるじゃん?
てか、行かなくていいの?


約束の時間が迫っていた。


……よしっ、ここはジミンに任せよう。


○○
○○
……行ってきます。
ジミン
ジミン
おう。


重い足取りで階段をのぼり、使われていない教室に入った。


ボスはもう来ていた。


ボス
ボス
あら、遅かったわね。
んじゃ、本題に入りましょうか。
○○
○○
……早く終わらせて。
ボス
ボス
は?ㅋㅋ
あんたになんで命令されなきゃいけないの?
てか、ジミンさんとマジでどんな関係なの?
いつも一緒に居るけどさ?
付き合ってんなら、正直に言えば?
○○
○○
私は、ジミンのことが……
ボス
ボス
は?なに?
○○
○○
私は、ジミンのことが好きなの!



NEXT