無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

🍀
ジミン
ジミン
……もういいもん。
○○
○○
え?えっ、ちょっ!ジミン!


今、毛布の中で、何が起きてるのかと言うと……




私の腰に手を当たと思ったら、下に手が下がっていく。


○○
○○
やめて!
ジミン
ジミン
うるさい。
○○
○○
……この変態野郎。
ジミン
ジミン
ちょっと待て、
俺が変態だと?
○○
○○
そうだよ。いきなり、私の……
あーもう、早く部屋に戻って!
ジミン
ジミン
いや、ここで寝る。
おやすみ。


そう言って、寝てしまった。


……まぁいいか。



だって私の好きな人だもん。



○○
○○
……私の彼氏か。
ジミン
ジミン
彼氏だけど何か?ㅋㅋ
○○
○○
起きてたの?!
もう!/////
ジミン
ジミン
うふふ……可愛いやつめ!


こうやって、素直にキスができるのはジミンだけだろう。


すると、ジミンは……


ジミン
ジミン
……○○さ、キス、上手い。
○○
○○
え?
ジミン
ジミン
それだけ、おじさん達とシてたんだ?
○○
○○
ち、違う!
ジミン
ジミン
何が違うの?
てか、避妊具してた?
○○
○○
それは、ちゃんとしてたよ。
……てか、純粋なジミンはどこに行ったの?
ジミン
ジミン
えっ?そんなのとっくに……ゴホン。
男に何言わせんだよ。
○○
○○
えぇ〜?なんか隠してる?
もしかして……そういうの見たことが……?
ジミン
ジミン
ないから!そんなの見たことないから!
もう、俺は寝る!
○○
○○
やっぱ、見たんだ〜?ㅋㅋ
ジミン
ジミン
いや、隣のクラスの友達が俺に見せてきたの!だから、、それだけ!おやすみ!


……今日は、ジミンがマジで男になったことを確信した。



NEXT