無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

🍀



次の日……





朝、学校に行く途中……






ある事件が起きる、










グクと私と、ジミンで学校に行く。





なぜか、私を真ん中にして。





○○
○○
あのさっ、並ばれると歩きにくいんだけど?
ジミン
ジミン
なんでー?
○○
○○
いや、、、もう、私が前を歩く。



私が前を歩くと、グクとジミンが笑い出す、




○○
○○
なに?
ジョングク
ジョングク
いやっ……ㅋㅋ
○○
○○
えっ?
ジミン
ジミン
○○、、、背が小さいなーってㅋㅋ
○○
○○
……もう、私、先に行くからっ!




身長をバカにされ、走って学校に行こうとすると、ある1台の車が私の方に向かって来る。





えっ、なんでこっちに?





ジミン
ジミン
○○っ!
ジョングク
ジョングク
お姉ちゃんっ!




私は、死ぬ覚悟をした。





そして、、、









車はすごい音を立て、なにかにぶつかった。







でも、ジミンとグクに引っ張られ、危機一髪で車から逃げれた。








NEXT