無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

🍀



私は夢中で走った。




知らない街に来たが、とりあえず遠くに行きたくて、行きたくて……






○○
○○
……私ってバカだよね




ジミンだって、ボスとシたくてシたわけじゃないはず。





やっと、ジミンに会えたのに。






嬉しいはずなのに。






電話がかかってきた。






お父さんからだった。






私は……電話を拒否した。






次は、グク。






……グクなら、わかってくれるよね。






電話に出た。




○○
○○
☎もしもし……
ジョングク
ジョングク
☎どこにいるの?!お父さんの電話、拒否したんだって??
○○
○○
☎グクっ、、私はっ、どうすればっ?



涙が溢れ、、雨も降ってきて、、





グクも、どこかを走り回ってるみたい。




呼吸が少し荒い。



ジョングク
ジョングク
☎とりあえず、どこにいるか教えて!俺が迎えに行くから。
○○
○○
☎……今、○○町にいる。
ジョングク
ジョングク
☎はっ?!そんな遠く?????
ジョングク
ジョングク
☎近くに雨宿り出来るとこ探して、そこで休んでて。風邪引いちゃう。
○○
○○
☎……分かった。待ってる。
ジョングク
ジョングク
☎どこにも行かないで。そこで待ってて。






私は……実は……グクが……








NEXT