無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🍀

いつの間にか朝になった。


私は忘れていた。



ボスと放課後会うことを。



○○
○○
はぁ……


すると、誰かが部屋に入ってきて布団の中に潜り込んできた。


ジミンだった。

ジミン
ジミン
おはよう。
○○
○○
おはよう……/////
ジミン
ジミン
どした?
○○
○○
ボスと放課後会うこと忘れてたな〜って、、、
ジミン
ジミン
そうだったね……


なんかジミンの様子がおかしい。


昨日からおかしいけど、今日もおかしい。


○○
○○
ねぇ、昨日からどうしたの?
おかしすぎて、やだな。
ジミン
ジミン
○○が好きなんだよ。
ねぇ、俺と早く付き合ってよ。
○○
○○
……んじゃ、今日の夜に決める。
今日のジミンの行動とか見て、決める。
ジミン
ジミン
OKです。
俺頑張らなくちゃ!!


そう言って、私の布団から出ていったジミン。

なんか、普通のジミンに戻った。

マジで……おかしい。




NEXT