無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

🍀
○○
○○
ジミン!どこ!
返事して!



私は、グクに助けを求めた。








すぐに来るらしい。








でも、その間に涙が止まらなくなって、、、







走っていたし、叫んでいたし、余計に苦しくなった。








廊下の真ん中で座り込む。








○○
○○
ハァハァ……ジミン……どこなの……









それから、私の意識は、遠ざかっていった。














(お姉ちゃん!)









誰かが呼んでいる。




ジミンかな……?









目を開けると……







ジョングク
ジョングク
大丈夫?!
○○
○○
グク……っジミンは?
ジョングク
ジョングク
……見つからない。
ジョングク
ジョングク
でも、怪しい車を見た。
ナンバーと車種は覚えてる。
男の人の写真も撮った。
○○
○○
良かった……(良かった)
ジョングク
ジョングク
お姉ちゃん!しっかりして!




このまま、ジミンに会えないままになるなんてやだよ。









NEXT