無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🍀
○○
○○
ねぇ、ジミン。
恥ずかしいんだけど/////
ジミン
ジミン
なんで?
○○
○○
そんなに見られたら、、、っ!



私は、一瞬何が起こったのか分からなかった。



でも、ジミンの顔が離れた時、ポッポをしたことに気づいた。


○○
○○
えっ?!
ジミン、何やっt……っっ、


大人なキスに変わると、ジミンはどんどん食らいついてくる。



息が苦しくなる。




○○
○○
っっ、はっ、苦しいっ……
ジミン
ジミン
はぁ、まだまだだな。
でも、今日はこのくらいにしとこうかな。俺が持たない。
○○
○○
何言ってんの?!
持たないって何?!
ジミン
ジミン
えっ……
(純粋すぎるだろ/////)
ジミン
ジミン
なんでもない。
じゃ、俺は戻るね。おやすみ。
○○
○○
お、おやすみ。




私は、ジミンと大人なキスをするとは思ってもいなかった。




その夜は眠れなかった。




NEXT