無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

🍀


だが……


もう、始まっていた。





ある者の復讐が、、、。












私は、玄関でジミンを待つ。



○○
○○
遅い…………
まだ教室なのかな?



ジミンは、やることがあると言って、教室に残った。




もう、30分は待ってる。




私は、迎えに行った。












○○
○○
ジミン?まだ?






教室を覗く、







ジミンはいなかった。









でも、ジミンの荷物は、まだ教室に残っていた。







その荷物は、バラバラに落ちていた。







○○
○○
え……何。




私は、ジミンの荷物を片付け、その荷物を持って、教室から出る。









校内を探し回ったが、ジミンは居ない。















なにかあったのかも……





NEXT