無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🍀


それから、学校に行くと……





みぃ
みぃ
○○?どした?目が赤いよ?
○○
○○
あ〜、えっと目が痒くて‪w
みぃ
みぃ
ほんと……?
○○
○○
うん。
みぃ
みぃ
……大丈夫だよ、私がいるよ。



みぃ……すごいなぁ。






なんで分かるの?




○○
○○
……ありがとう😊
みぃ
みぃ
うん!








こんな優しい人達が近くにいるのに、なんで頼ろうとしなかったんだろう。







私の方が、バカじゃん。








授業が終わって、昼休み。







ジミン
ジミン
○○、弁当一緒に食べよー!
○○
○○
わかった。
ジミン
ジミン
え?!
○○
○○
え?何?
ジミン
ジミン
いやっ、わかったって言ってくれるとは思わなかったからㅋㅋ
○○
○○
ジミン……私はジミンの幼なじみでよかったかも。
ジミン
ジミン
いきなりなんだよ〜/////
○○
○○
ありがとうね。
ジミン
ジミン
んじゃ〜俺のka……
○○
○○
それはまだかなー?
ジミン
ジミン
えーーー!






NEXT