無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🍀


なんか……明るい……






○○
○○
眩しい……
ジョングク
ジョングク
お姉ちゃん?
大丈夫?
○○
○○
ここどこ……?
ジョングク
ジョングク
家だよ。
今、お父さん達が警察のところに行ってる。
○○
○○
私、、、ジミンが居ないと……




ジミンの笑顔が頭に浮かぶ。







余計に涙が出る。





ジョングク
ジョングク
お姉ちゃん……泣かないで。
お父さん達も、協力してるんだ。
きっと見つかる。
○○
○○
私のせいだ……こうなったのは私のせい。
○○
○○
私が……私が捕まれば良かった。
ジョングク
ジョングク
何言ってるんだよ!
そんなこと言わないでよ……







グクと2人で泣く。






ジミンの存在がこんなにも必要だってことが分かった。







私は、ベッドから起き上がったけど……




目眩ですぐに座り込んだ。




ジョングク
ジョングク
無理しないで。
俺がそばにいるから。
○○
○○
ありがとう……






……ジミン。






死なないで。







生きて帰ってきて。







NEXT