無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

🍀


その日の夜……



夜ご飯を作り始めた私。



ジミンは……


幼児向けのテレビを見ております。


○○
○○
ジミン、面白い?ㅋㅋ
ジミン
ジミン
うん!
だって……将来○○も見るんだよ?
3人で!
○○
○○
3人……?
ジミン
ジミン
俺たちの、子供も入れて3人!
○○
○○
子供……/////
ジミン
ジミン
照れてるㅋㅋ
○○
○○
だって、ジミンが余計なこと言うから!
ジミン
ジミン
えぇー?
将来のこと話しただけだよー?
○○
○○
もう、今は関係ないから!
ほら、できたよ。


ジミンは、必死に食べる。


美味しいのかな……?

○○
○○
ねぇ、美味しい?
ジミン
ジミン
うん!美味しい!


……ホントのことを言わなければ。


ジミン
ジミン
うん……?
なんか、、、
○○
○○
ジミンごめん!
砂糖と塩間違えた‪w‪w



私が作ったサラダに、塩と間違えて砂糖をかけてしまった。


ごめんよ、ジミン。


○○
○○
無理して食べなくていいからね?
ジミン
ジミン
いや、食べる!
……○○は、フルーツポンチだけ?
○○
○○
あっ、うん。
食欲無くて……ㅋㅋ



何故か、食欲がない。


まぁ、お腹すいたら、なにか食べればいい。


ジミン
ジミン
具合悪い??
○○
○○
いや、そんなことないよ。
ジミン
ジミン
ダイエット??
無理はダメダメ。
○○
○○
ダイエットじゃないからね?
ほら、早く食べて、お風呂入って、寝るよ。


マイペースのジミンには、こう言わないと動かない。



NEXT