無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🍀
そして、私とジミンは自分の仕事を終えた。



リビングに戻ると、




すごい量のアルバムが!!




ざっと数えて、、、10冊ぐらいかな?



○○
○○
えっ?!こんなに?!
ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
いやー、たくさん撮ったな〜
ジミン
ジミン
さすがに撮りすぎかと……??
ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
まあまあ、ほらふたり座って。




アルバムにはほぼ私とジミンのツーショットの写真だけㅋㅋ




でも、懐かしかった。





ジミンとずっと一緒だったんだな。




たまに、ハグしてたりチューしてる写真があり、恥ずかしかったけどね‪w




ジミン
ジミン
ねぇ?
この写真は、どこで撮ったの?
ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
それはな……どこだっけ??



写真がありすぎて忘れちゃったらしいㅋㅋ



ジミンのお母さん
ジミンのお母さん
ホントに大きくなったね……。
ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
そうだな……。
ジミン
ジミン
そうかな〜?
○○は、身長伸びてないけど??
○○
○○
はぁ?!
ジミン
ジミン
○○は、身長伸びてないよね?? 
可愛いからいいけど!
○○
○○
それ、褒め言葉??
私、結構悩んでるんだけど?!
てか、可愛いって何よ!/////
ジミン
ジミン
うふふふㅎㅎ



この会話をニヤニヤして見てたのは……




ジンお父さん(ジミンの父)
ジンお父さん(ジミンの父)
もう、可愛すぎ!!
ジミンのお母さん
ジミンのお母さん
○○ちゃんったら、可愛い!!



なんか、本当の親みたい‪w




NEXT