無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🍀


学校に行く途中……


ジミン
ジミン
○○?俺が最初に告白した時の言葉覚えてる?
○○
○○
えーっと……
あっ!子供を作りたいみたいな感じだったっけ?‪w
ジミン
ジミン
そうそう!
……いつか作ろうね。
○○
○○
……そうだね/////


そして学校に着くと、


ジミン
ジミン
おはよう!
あ、みぃ?
みぃ
みぃ
おはよぉ!
ねぇ、結果は?
ジミン
ジミン
付き合うことになりました〜!
○○
○○
声でかいからっ!
みぃ
みぃ
おめでとうー!



みぃは、嬉しそうに言った。

だけど、いつものみぃじゃないみたい。


おめでとう、って言ってくれたけど、すぐにどこかをボーッと見つめている。


○○
○○
みぃ?どうした?
みぃ
みぃ
……えっあっ、大丈夫!


これはおかしいぞ。


○○
○○
みぃ、なんか隠してたりする?
みぃ
みぃ
いや、何も?
ほら、早く授業の準備!
○○
○○
うん……。



みぃの不自然な笑顔や、行動に違和感を覚えた。



そして、昼休み。



弁当は、いつも、3人で食べるはずなのに、今日はみぃは別で食べるらしい。



おかしい……。



ジミン
ジミン
おーい!○○?
○○
○○
あっ!ジミンか、、、
ジミン
ジミン
どうしたの?
ボケーッとしちゃってさー?
○○
○○
あぁ〜、いや、みぃがなんかおかしいなーって……
ジミン
ジミン
うーん、そうかな?



まぁ、大丈夫か。




私とジミンは屋上で弁当を食べることにした。



NEXT