無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

746
2019/06/08

第2話

運命のいたずら
『』…心の声 ()感情、行動
『今日は、最近フィッシャーズでの撮影が多かったから気晴らしにひとりで遊びに行くんだ!ひさしぶりにひとりだけど楽しんでこよっと!』

この日に事件は起きた
あなた
じゃあ行ってくるね!
シルク
シルク
おう きおつけて行ってこいよ
あなた
うん!
シルク
シルク
遅くなるなよ
あなた
わかってるよ!行って来ます!
シルク
シルク
いってらっしゃい!
信号待ち
あなた
『今日何しようかな~ タピオカとか飲もうかな!楽しみだなぁ~(*⌒▽⌒*)』
あっ!危ない!!
あなた
へ?
ドンッ!!
 














パチッ あなたが目を開ける
あなた
ん…ん?
ンダホ
ンダホ
あっ!!あなたが目さました!!
看護士
本当ですか!ちょっとお待ちください!!
ンダホ
ンダホ
あなた!大丈夫?良かった~無事で(泣)
あなた
あの…(何か続けて言う)
ンダホ
ンダホ
!?



10分後
シルク
シルク
あなたが目を覚ましたって本当か!
マサイ
マサイ
あなた大丈夫か?!
モトキ
モトキ
本当に心配したんだから~(泣)
あなた
あの…
シルク
シルク
ん?あなたどうした?
あなた
あなた方は誰ですか?
シルク
シルク
!?
マサイ
マサイ
な…何言ってんだよ!
モトキ
モトキ
僕だよ?どうしたの?
ンダホ
ンダホ
実は記憶が無くなってるらしいんだ
マサイ
マサイ
えっ…
ンダホ
ンダホ
小学生までの事は覚えているけど、それ以上は覚えていないらしいんだ…
シルク
シルク
じゃあ俺らの事はわからないのか?
ンダホ
ンダホ
うん
モトキ
モトキ
そんな…
あなた
あなた方は私の知っている人ですか?
シルク
シルク
そうだよ
モトキ
モトキ
僕たちは友達なんだ
あなた
そうなんですか…すみません何も思い出せないんです
ンダホ
ンダホ
いや!あなたは悪くないよ!
シルク
シルク
ところで、あなたの退院はいつなんだ
ンダホ
ンダホ
二週間後だって
モトキ
モトキ
そっか
マサイ
マサイ
今は体を治してもらうのが一番だよ
シルク
シルク
そうだな
シルク
シルク
とりあえず今日は帰るね
また明日来るから
あなた
ありがとうございます
モトキ
モトキ
タメ口でいいよ
友達なんだし!!
あなた
わかr…うん