無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

601
2019/06/13

第9話

誘拐2
あなた
【ここはどこ?…暗い 怖い】
男A
男A
どうしたの?震えて怖いの?♡
あなた
お願い!みんなのところに戻して!!
男A
男A
はぁ~またあいつらのこと?
あなた
私あなたの事なんて知らない!もし、あなたに何かしたなら謝るから…だから
男Aがあなたの口を手で押さえる
男A
男A
今自分がどんな状況かわかってる?監禁されてるんだよ?俺もさあなたちゃんにひどいことはしたくないんだよ~♡だからさ、フィッシャーズが来るまで大人しくしてて♡
あなた
コクコク(うなずく)
男A
男A
良い子良い子♡
20分後
シルク
シルク
ドンドン!(ドアを叩く)
男A
男A
来たみたいだね君のお仲間が
開ける
シルク
シルク
あなた!!
ンダホ
ンダホ
大丈夫!?
マサイ
マサイ
俺らは来ただろ!あなたを解放しろ!
モトキ
モトキ
あなた絶対助けるからね!
男A
男A
ごちゃごちゃうるせぇなぁ!
あなた
!?【口調変わった?】
男A
男A
黙らねぇと、あなたちゃんの顔に傷が付くぞ?
サバイバルナイフをあなたの首に突きつける
あなた
うっ…【怖い】
シルク
シルク
わかった…やめろ
男A
男A
じゃあ話にはいるぞ、ごめんねぇ♡あなたちゃん
あなた
どうして…?こんな事を…
男A
男A
本当に記憶無くなってるんだね。あなたちゃんのために教えてあげるよ
男A
男A
僕は2ヶ月前に君に会って僕の彼女になるように言ったんだよ…でも君は断ったんだ…何度も何度も言ったのに全部断られた。悲しかったよ…しかも理由はフィッシャーズとして動画を続けるため
僕の物にならないならさ、君を殺して僕も死ねば良いと思ったからね!だから、1ヶ月と二週間前君を車で轢いたんだよ♡
あなた
!?あの事故は偶然じゃないの!?わざとなの!?
男A
男A
そうだよ!でも、残念ながら怪我と記憶喪失で終わるなんて思いもしなかったよ
だからさ…
サバイバルナイフを首もとにつける
あなた
ひっ!
男A
男A
君を殺して僕も死ぬよ♡
あなた
やっ…やめて!お願い!
シルク
シルク
おい!やめろ!
モトキ
モトキ
さっきから黙って聞いてればめちゃくちゃじゃないか!!
ダーマ
ダーマ
あなたを離せ!!
男A
男A
うるせぇ!
男A
男A
俺の気持ちを踏みにじったあなたちゃんが悪いんだよ?
あなた
許して!
後ろからンダホが男Aの腕を押さえる
男A
男A
なっ!?離せ!!
ザカオがナイフを奪い取る
ザカオ
ザカオ
取ったぞ!
ぺけたんがあなたの縄をほどく
ぺけたん
ぺけたん
大丈夫!?
あなた
うん…ありがとう!
あなたをマサイの後ろに隠す
男A
男A
くそっ!お前らぁ!!
シルクに殴りかかる
シルクがよけて腹パン
男A
男A
ぐうぅ…
シルク
シルク
もう逃げられねぇからな
ダーマ
ダーマ
警察はもう呼んであるからな
マサイが男Aの胸ぐらをつかみ
マサイ
マサイ
今度あなたの前に現れたら容赦しねぇからな!
ウーウー
警察
警察だ!おとなしくしろ!
シルク
シルク
後はよろしくお願いします
警察
ハイ!お任せください!
ンダホの車に乗って帰る
あなた
みんな本当にありがとう
シルク
シルク
怖かったろ。絶対俺らが守るから
あなた
うんありがと…う(寝る)
モトキ
モトキ
寝ちゃったね
ンダホ
ンダホ
そりゃあんなことあったら疲れるよ
ザカオ
ザカオ
寝かせてあげよう