無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

445
2019/08/11

第14話

風邪
あなたsaido
シルクが風邪引いちゃいました…
というわけで今日は看病します!
あなた
シルク~?熱はかった?
シルク
シルク
ん…(体温計をあなたに渡す)
あなた
38度じゃん!今冷やすの持ってくるから待ってて
リビングに戻る



ピンポーン
あなた
あっンダホだ
ンダホ
ンダホ
お邪魔しまーす シルクどんな感じ?
あなた
38度ある
ンダホ
ンダホ
ヤバいね…

2人でシルクの部屋に行く
あなた
シルク~ダホちゃん来てくれたよ
シルク
シルク
ンダホ~?
ンダホ
ンダホ
大丈夫か~?
あなた
とりあえず冷やそうか(冷えピタを貼ろうとする)
シルク
シルク
うわぁぁ!(布団に潜る)
あなた
え!?シルク~ただの冷えピタだよ~?
シルク
シルク
無理ぃ!
ンダホ
ンダホ
あなたシルクは冷えピタが大嫌いなんだよ
あなた
そうなの!?あっ私記憶無いから知らないんだった
あなた
じゃあタオルにするね
シルク
シルク
うん…
あなた
あっ…もうこんな時間!
お昼作ってくるね
シルク
シルク
や…(あなたの服を引っ張る)
あなた
シルク?どうしたの?
シルク
シルク
行かないで…
あなた
でも…お昼食べられなくなるよ?
シルク
シルク
でも…行かないで
あなた
えぇ~





ピンポーン
あなた
あっ誰か来た
ダホちゃんでてー!
ンダホ
ンダホ
あーい
モトキ
モトキ
お邪魔しまーす
あなた
モトキ!?丁度良かった!お粥作ってくれない?
モトキ
モトキ
いいよ!あなた大変だねww
ンダホ
ンダホ
ありゃりゃww
あなた
人事だと思って!!
モトキ
モトキ
じゃあ作ってくるね
あなた
ありがとうー
モトキとンダホがリビングに行く
あなた
シルク一回ポカリ飲もうか
シルク
シルク
ん…(起きあがる)
モトキ
モトキ
出来たよ~
ンダホ
ンダホ
出来たよ~
モトキ
モトキ
ンダホ何もしてないでしょ!ww
あなた
ありがとー
あなた
シルク食べられる?
シルク
シルク
ん…(口を開ける)
あなた
自分で食べなよ…//
シルク
シルク
んん~!!
ンダホ
ンダホ
今日はシルク甘えたがりだねww
あなた
もーハイ。あーん
シルク
シルク
パクッ
シルク
シルク
おいしい…
モトキ
モトキ
良かったー!
ンダホ
ンダホ
あなたー!俺もー!
あなた
ダホちゃんは風邪ひいてないでしょ!!
ンダホ
ンダホ
ちぇ~~




時間がたち
モトキ
モトキ
俺そろそろ帰るね~
ンダホ
ンダホ
俺もー
モトキ
モトキ
シルク無理しちゃだめだよ?
シルク
シルク
おう
ンダホ
ンダホ
じゃあねー
あなた
バイバーイ!ありがとう
あなた
よし…(立ち上がる)
シルク
シルク
(あなたの腕を引っ張り布団に引き込む)
あなた
わぁ!
シルク
シルク
(布団の中であなたを抱きしめる)
あなた
シルク…!?//
シルク
シルク
zzz…
あなた
寝てるし…
あなた
『今日のシルク可愛かったなww』




二人して仲良く寝ましたとさ





















そしてあなたに風邪が移ったのは言うまでもない