無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#4
「んッ、ぁっ、ァ…」

好きな人に裸を見せている。好きな人に愛撫されている。

その事実が私の体をより一層熱くさせた。

「すっごい濡れてる…」

耳元で天野くんの低い声が聞こえる…。

クラクラする。

天野くんは私に軽いキスを落としたまま、綺麗な指を下まで滑らせ…

「…ッ//」

私の秘部に、天野くんの指が、触れて…

天野くんの温かな指が、私の中に侵入してきた。

「んぁ…ッ」

天野くんの指は、ゆっくりと動く。

その指はシンプルな動きしかしていないというのに、私は声を抑えれない。

何これ、気持ち良い…

「痛くない?」

こくんと頷くと、少しだけ指の動くスピードが速くなったように感じた。

「…ん、んッ、ぁ//」

「声抑えて」

天野くんは私の口を塞ぐように深いキスをする。

舌が絡まる。

こんなことしたら感じちゃうでしょ…

「っ、ぁッ、んン…」

指が増えてる。

スピードが速い。

中をかき回されている。

やばい、こんなの、こんなの…


我慢できな……

「…ッ、ぁ、あァ…」

びく、と腰が浮いた。

天野くんの指がするんと抜ける。