第51話

📚50
チョンジョングク
チョンジョングク
うん
キムナムジュン
キムナムジュン
テヒョンは少しはそういう性格もあるから距離が近いのはあるけど、そういうのもあなたちゃんがカバーしてくれてたんじゃないかな
you
you
私は何も、、
チョンジョングク
チョンジョングク
もう何かされても言わなくていい
チョンジョングク
チョンジョングク
だけどヒョンがそんな目に遭わない為にも、お前のためにも相談して欲しい
you
you
チョンはさ、なんだそんなに心配してくれんの
you
you
私、そんなにほっとけないかな
キムナムジュン
キムナムジュン
ごめん、ちょっと電話入ったから外出るね







先生が教室から出た




2人っきりになってしまった







チョンジョングク
チョンジョングク
それくらい察しろ
you
you
え?
チョンジョングク
チョンジョングク
鈍感すぎんだろ
you
you
なんで
チョンジョングク
チョンジョングク
まだ教えない
you
you
気になるし!
チョンジョングク
チョンジョングク
考えろ、その小さい脳みそで
you
you
うざ
チョンジョングク
チョンジョングク
お前の方がウザイわ
you
you
さっきまで感動的な雰囲気だったのに
チョンジョングク
チョンジョングク
お前が壊したんだろ
you
you
は!チョンでしょ!






出ていっていた先生が帰ってきた







キムナムジュン
キムナムジュン
そのために出ていったんじゃないんだけど?
you
you
何?が?
チョンジョングク
チョンジョングク
こいつもう無理っ
you
you
何!
チョンジョングク
チョンジョングク
アホすぎてついていけねえ
you
you
言ってくれないから分かんないでしょ
キムナムジュン
キムナムジュン
まあまあ、その辺にしてそろそろか帰りな
you
you
はーい