無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

258
2021/05/08

第15話

part3♥
ジュン視点






ハァ…////エロい…////可愛い…////甘い…//
好き…好き…好き…////俺のもの…♥
ジュンはハオの体にキスマと噛み跡をつけていった
ごめんハオ…俺は今自分を自分で制御出来ないんだ…/////♥
ハァ…俺の理性死んだな…ハハハ////
そこまで言うなら……//
こっちだって…ハオを満足させなきゃな…いや、それ以上のことをしなきゃ…////♥
ズプッッッ///ドクッドクッ…///
やばっっっ!//////////
中キッッッツ…/////ハオの中熱いし俺の締めつけて離さないんだけどw////////♥
いつからこんなエロくなったんだよ////
さすがにダメかな…
え?まじで?/////
パンパンパンパン…!!!!////パンパンパンパン…////
ゴリッッッッッ!!!///キュッッッ!///
ジュンはハオの最奥の扉を開いた
ハオは何回か最奥を経験したことがあるが、いつもはジュンが「行くよ?」って言ってからだったため
急にには初めてでびっくりしたのである
そう言うとジュンはハオの尻尾をぎゅっと握りしめた
はぁっ〜//だめだよハオ//そんな顔でだめって言われても//興奮しかしないよぉ〜///♥️
グッッッッ!パンパンパンパン…////❤グチュグチュ…キュッッッ!//
ハオの欲が全部ハオの体にかかった
パンパンパンパン//////////
ジュンはハオの中に欲を出すため腰の動きをまた早める
パンパンパンパン…パンパンパンパン…パンパンパンパン!!!//////////
ハオは腰の速さにびっくりして中を締めた
ビュルッッッッッ!////////♥♥
プツン……
え?エロ…今のまたキたんだけど…//
─────────────────
このあと第何回ラウンド続いたのか…?!

このあとはみなさんのそうぞうに…!
なんでもリクエストお待ちしてまぁっせ✦