無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

144
2021/06/18

第20話

part2
次の日
ジョンハン視点
俺は秘書になると決めた
ソラ社長に見合う男になると
そう思うほど、会社に行くのが楽しみで、嬉しくて、緊張して、長らく感じてなかった感情たちが一気に押し寄せてきた
そうこう考えているうちに会社についてしまった
ひと呼吸落ち着かせて会社に入った
どうやら、いろんな人に知られてるっぽいな…
──────────────────
社長室の前……
すごい緊張する…でも、
コンコンコン…
ガチャ…
お辞儀をしたあとソラ社長を見た
社長席に座っているソラ社長はまるで、四大天使かのような白いスーツにおおわれていてとても綺麗だった
ソラ社長は席を立ち俺の身の前まで来た
………ギュ!!
ソラ社長は俺を抱きしめながら言った
急にハグは心臓に悪い…///
…///
それから俺は秘書の仕事について教えてもらい、勉強し、ソラ社長ともだんだんと打ち解けてきた
──────────────────
あれから、1年後
秘書の仕事にも慣れた俺はあっという間に1年が過ぎてしまった
そして、今日は…ソラ社長…いや、ヌナに告白しようと思う
俺はそこの夜景で告白しようと思う
──────────────────
夜、予定最終日
今はソラ社長と二人で夜景をみている
夜景をみるソラ社長の横顔はとても綺麗だ
ヌナの顔を見ると涙目だった
ギュ…
俺はすぐにヌナに抱きついた
二人はこの夜を大切に大事に過ごした
それから二人はともに死ぬまで幸せに暮らしましたとさ…