無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

398
2021/06/21

第9話











2017__



















今日






イスマン先生に






呼び出された





内心





とても焦っていた






だって





日本の歳で言えば





もう17才





それに





来年は厄年だ





てことは





今年は






前厄






そういわれれば






今年一






良かったことと言えば







1度だけ







ダンスの先生に







褒められた







ことぐらいだろう







私は







2015年に








SMの練習生として








受け入れられた








それからというもの







過酷な練習ばかりで







やる気の無くした私は







1度







退職願を提出した














強引に








事務所の方々に








止められてしまい








そのまま








また







練習生生活を







送ることになった







それから








早2年







ついに私も







追放される








そう思ったのはつかの間







イスマン先生は


























SM:「あなたには、NCT2018年に参加してもらう」


SM:「もちろん127,DREAMにも参加してもらうぞ」







You
You
(えっ?)









もちろん







デビュー







出きるのは







とても嬉しかった






でも







“そういうこと”






だよね

























SM:「紅一点のグループとしてあなたにはとても期待しているぞ」














なんて







言い残して






社長室から






退席された

























You
You
“紅一点”かぁ…



























next.