無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

お目覚め
先生
じゃあ、あとはよろしくね




先生か…



声が遠くから聞こえた気がした((((









目がさめ、起き上がると






あ、起きた。
あなた
あ、起きた。じゃないし…←
あと少しで命に関わってたかもって、
お父さんが




あ、そうか…私…





って、お父さんが?!え?!


お父さんって、私の?!さとちゃんの?!














野薔薇たちもさっきまでいたんだけど
用事があるからって帰っていったよ
あなた
あ、あとで連絡しておく、
そうだね





ガチャッ🚪








悟 お母さん
あら!!!!起きたのね!!!







え←






お母さん
よかったよかった~~






え、え、←















なんでいるねん。

旅行はどないした?((











そして隣の人誰やん((




お父さん
実はお父さん達ちょうど今日帰ってきた
ところだったんだよ~~
あ、そしてママの隣。悟君のお母さんだ
あなた
あ、…、あ!こんにちは!!




言われてみれば、うん。似てる((














悟 お母さん
悟の奥さんが気管支喘息で倒れたって連絡がきて心配で来ちゃったッッ☆



や、やだなぁ奥さんだなんて///////←




まだ結婚してないのに////


お母さん
実はお母さんもあなたたちのことが
気になっちゃって予定より4年はやく
帰ってきちゃったッッッッ☆
お父さん
それにしても悟君がいてくれて
本当に助かったよ~~!
お父さん
悟君がいなかったら今頃あなたは
死んでたかもな!!はは!!
お母さん
やっぱりあなたには悟君が
一番似合ってるわ!!
お父さん
悟君。ほんっとにありがとう。







どういう状況←





いえいえ、、たまたま他の生徒が
呼んで来てくれただけですよ!
お母さん
でも…ここ3年ずっと気管支喘息
起こしてなかったのにどうして急に…?












一番聞かれたくないこと聞かれました←