無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

。ー 。




そして2時頃。





あなた
もぅ…


いったい何時になったらかえってくるのやら、、




帰ってきたら説教してやる。と思いながら


玄関に座って、さとちゃんをまつ











でも、3分もしないうにち視界がぼやけてきて




そのまま寝てしまった