無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第127話

何かあたたかいものでも飲む?
あなた
うん、ありがとう。笑





だいぶ落ち着いてきた。





ちょっと待っててね







数分たつと






ココアの良い匂いがしてきた。




















______作者



はいみなさんスクロールしないでくださいね!?











ちょん君のお話となって



おります!!









絶対みましょう。((強制