無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第123話

イケメン
とりあえず座りなよ~
イケメン
はい。お酒
イケメン
飲めるだけでもいいからさ!






なんか、断りずらいよね←








あなた
ちょっとだけ…
イケメン
お~~笑笑笑
イケメン
ノリいいねぇ!笑笑
イケメン
もっと飲んでね~~




飲んでも飲んでもグラスにお酒をつがれる








あなた
もっ、もう大丈夫です…!
イケメン
遠慮しないで!
イケメン
俺が飲ませてあげようか~~?
あなた
い、いぇ…
イケメン
はーい口開けて
あなた
だっ!大丈夫ですから!





拒否ったさいに。










バシャッ







イケメン
あ…
イケメン
何やってんだよ!
イケメン
ごめんごめん!!






服びちゃびちゃですよ←









イケメン
今拭いてあげるからちょっとまって!
あなた
あ、ありが…とうございます……









…急に眠く…








必死に耐えると






イケメン
とりあえず、服脱いで
イケメン
風邪引いちゃうから
あなた
ぇ…
イケメン
俺がぶっかけたんだから…
俺が脱がしてあげるね!






私の服に手をかけてボタンを




外そうとしている













あなた
いやっ…やめて…
イケメン
でもこのままだと風邪引いちゃうよ?






たしかに、私は病み上がりだから…










イケメン
もう顔赤いじゃん笑笑
イケメン
早く脱ごう…?




眠さと酔った勢いの限界で










あなた
っ…
イケメン
そうそう。じっとしててね




















  






動けなくなってしまった