無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第128話

はい。ココア
あなた
ありがとう…、笑
まだ休んでていいから。
俺ちょっとでかけてくるから
なにかあった電話して?
あなた
うん、わかった!





玄関まで見送ると






そんなにチューしたいのぉー?
こまったちゃんだなぁ~~
あなた
ちっ!違うし!!!!
ほらいいよ。チューして
あなた
なっ////
え、してくれないの…
わかったよ…じゃあ行ってくる…
あなた
まままって!!!する!するから!!!
あなた
目…開けないでよね…?
うん笑






さとちゃんの唇に
ふれようとした瞬間さとちゃんの方から


勢いよくキスをされた




あなた
ん…っ
あなた
さとちゃ……







このキスは、何のキス…?








怒ってるの?



嬉しいの?



困ってるの?