無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

ゼンソク…



暗い…怖い…寒い…























あなた
さとちゃんっ…


























数時間後










あなた
誰かっ…










とてもとても。苦しい


















息が吐きづらい…


ヒューヒューいってる…っ
















ガチャっ🚪













誰かきた…








助けてっ…






あなた
ピーピー
女1ヤンキー
なんだこいつw
なんかぴーぴーいってるぞw
女2ヤンキー
ちょっとまって、、こいつもしかして
喘息持ちか…?
女1ヤンキー
だったらなんだよw
女2ヤンキー
喘息って、放置しておくと息死招く
ことあるんだぜ…
女2ヤンキー
あたしの弟が喘息持ちなんだよ
女1ヤンキー
なんだよそれ。やべえじゃん、、
女1ヤンキー
早く逃げるぞ
女2ヤンキー
でも放っておいたら……
女1ヤンキー
いいから早く!!!あたし達が
怒られちまうだろ!











ガチャンっ🚪














そういってまた鍵をかけてどこかへ
いってしまった…


















あぁ…私このまま死ぬのかな…











まだまだやりたいことたくさんあったのに…




























ごめんね…皆…