無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第121話






ほんとに、人多すぎだし…






ここどこだし…












ドンッ





あなた
あっ…ごめんなさい
イケメン
どこに目つけてんのかなぁ姉ちゃん
あなた
あ、あの、すみません…







怖い。怖すぎる((((








イケメン
あれ、けっこー可愛いじゃん笑笑
あなた
かかか可愛いなんて!そんなっ!!








照れてる場合じゃないねん←











イケメン
俺クラブで働いてんだけどさ、今可愛い子いなくて困ってるんだよねえ
あなた
え…?
イケメン
いやだからさ、おいでよ
あなた
あ、いや、私そういうの興味ないんで…
イケメン
お金稼げるよぉ~~?
イケメン
姉ちゃんまだ高校生ぐらいっしょ?
あなた
だ、大学生です、、
イケメン
え~~!うっそ!全然見えないよ!!





お世辞ですね完全に






女は鋭いのよ!!!((誰








あなた
そ、そうですかね、笑笑





苦笑いしか出来ん←←







イケメン
で、来てくれるよね?
あなた
でも私急いでるんで…
イケメン
え~~いいじゃーん。
ちょっとだけ!ね?
あなた
いやでm
イケメン
ま!いいからいいから!!





そのまま強引に腕を引っ張られて





















知らないお店へ連れてこられてしまった