無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話









目がさめると何故かさとちゃんの腕の中で






寝ていた











大丈夫か。?
あなた
さとちゃ…っ




安心して涙が止まらない。








あなた
っ…怖か、ったっ、っ
もっと早くに気づいてあげれば
良かったね、ごめん、




さとちゃんは悪くないのにっ…


















なんで謝るの____